クレイソンの口コミです バビロンジョージは今がお買い得で安い時期です

古代から現代まで王道は変わらないことがよくわかる。理由としては、本書の様に現在では70−80年代の日本と相違し、元本保証で5%以上なんていう資産運用出来る事はまずありえないこと(本書での利子はさらに高い設定になっていたはずです(笑))、付随して専門分野に特化した人間のアドヴァイスを重視しろとありますが、現代社会では友人に優秀なFPやトレーダーなどがいない限り、コンサルティング料の方が遥かに高くつく印象だからです。お金にまつわる黄金法則がいくつも出てくるので中には!自分でできているものもいくつかありますが!本当に大事なのはできていないことを知って実践することで!ただ貯めるだけではない大富豪になるためのお金の流れができてくるのだと知りました。

いまオススメの商品♪

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

バビロン ジョージ クレイソンバビロンの大富豪 [ ジョージ・S.クレイソン ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

おすすめです。それにしても、内容はそんなに濃くない割に、未だ文庫本化されていない状況に驚きです。トレンドに乗った貯蓄テクニックが踊る文面に出会うことが多いです。しかし!今出会いましたので!今日から裕福な環境を得るために!行動していきます。すごくためになります。せちがない世の中。他の方の評価が良かったのでちょっと楽しみです。書いてあることは単純なことだけど、それができるかどうかが問題なんですよね。小手先のテクニックではなく、本当に豊かな人生とは何かについて書かれている良書です。読むべき本です。個人的に、これでお金の使い方が変わればな…と思ったのが購入のきっかけです。本書の核心部分としては!収入の1割は必ず貯蓄に回し!それを複利運用していくだけで莫大な富を築けるといったものでしたが!現代風にどう拡大解釈したところで!余程のことがない限りそう簡単に1億レベルでさえも資産を作り出すことは困難だと感じました。銀行・郵便局などの比較的安全な利子が高ければ、収入のたかだか1割程度の貯金を5年ほど継続すれば、驚くべき勢いで資産は増えるのでしょうが、数十年と継続している0金利時代の中で、効率の良い複利はまず期待できません尤も、お金に関する教育については、ここ10年位のスパンで重要視されておりますから、小中学生のお子さんに貯金の大切さを理解させるために読ませるのは良い手段だと思うのですが、少なくとも20−30代の人間が読むレベルの貯蓄本という気は全くしませんでした。ストーリー仕立てで面白かったです。再度出版されたので購入。届いて!早速2章まで読み終えた!かなり面白い本でです。廃版になってしまって!オークションで高い値がついていました。これはまさしく良書です。でも、長年にわたって読まれている本からは、悟りとも感じる言葉に出会うことができます。読んだらまたレビューします。シュワッガーの新書を検索している最中発見し、レビューが好評なのとお金についての本としては異例の70−80年の歴史があるということに惹かれて購入しましたが、少々肩すかしでした。もしそうであったら、今頃違った生活を送っていたかもしれません。何度読んでもいい本です。読みやすい内容です。皆一度は読んでおいた方が良いでしょう。購入してから約2ヶ月…。豊かになりたい方は是非読んでみてください。サラリーマンになると同時に読んでおくべきでした。大きな視野を探している方に、おすすめの一冊です。もっと早く読むべきでした。証券会社の人間にしてもそうで!個人資産として最低限数千万とか億がかかったような資金の運用にならなければ!幾ら付き合いが長くなろうとも大部分はジャンク債をリコメンドされ!結局は元本割れすることが殆どのように感じます。内容は物語形式で、加えて重要な教訓については太字になっていたりと工夫は見られ好印象だったのですが、拡大解釈すれば聖書のタラントンの例え等も財テク・資産運用についての教訓ともいえるわけですから、過大な期待は厳禁かと・・・。。幼児がいるので少しずつ読んでいますが、なかなか面白いです。おススメ!あまりにも有名な本なので!いまさら申し上げることもないかもしれませんが!小手先の金儲けではなく!貨幣経済に関する哲学を教えてくれる本です。